暑さ耐性ができると秋のレースが楽に【サブ3.5を目指す鈴木のランニング日記】

スポンサーリンク


7月16日10km52分23秒
ラップ:5’36、5’15、5’11、5’19、5’18、5’08、5’19、5’19、5’11、4’45


7月20日5km24分24秒
ラップ:5’08、4’54、4’56、4’39、4’47
7月合計54km
ひまわりの花が綺麗に咲いているなと愛でる余裕もないほど暑い。
夏に走って暑さ耐性作っておくと、涼しくなった秋のレースで楽になるけれど、くれぐれも熱中症には気をつけたい。

適切な水分補給でランニング中の脱水を防ごう
体格などの個人差や気候条件などにもよりますが、マラソンでは1時間あたり500~1000mlの水分補給が必要だといわれています。 脱水はランニングのパフオーマンス低下だけにとどまらず、脱水状態が進むと命の危険にまで繋がってしまいます。
この記事を書いた人
鈴木和孝

幕張ベイ・ランニングクラブ主宰。
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました