11月4日ランニング練習会の参加者募集!

東京マラソン【補給について】

スポンサーリンク

今回のマラソンでは、10、20、30km地点でザバスの「ピットイン リキッド」
を1つずつ飲んだ。
38kmあたりでもう1つ飲む予定だったが、身体が受け付けない。
脱水している身体には、ドロドロとした食感がキツかったし、味も飽きていた。
栄養の濃縮されたドロドロとしたゼリー?飲み物?で、20km地点で飲んだ後に
胃がキリキリと少し痛む。(私は胃があまり強くありません。)

30km地点の補給では、すぐには飲み込まず、しばらく口の中に含み、唾液と
混ぜ合わせて飲んでみた。これで胃に痛みは出なくなった。

マラソンの時にはとても便利だけれども、噛む音や歯ごたえ、舌ざわり、匂い、
素材の味など全てが省略されている何だかひどく乱暴な食べ物だと思う。

「このゼリー1本で、お茶碗1杯分のエネルギーを簡単手軽に補給できます!」
簡単じゃなくていいし、手間がかかってもいいから、炊き立ての白いご飯を
食べたい。
1食分を損した気分になったけど、前回のマラソンに比べれば補給は上手く
いったのかな。

この記事を書いた人
鈴木和孝

幕張ベイ・ランニングクラブ主宰。
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
マラソン大会レポート
スポンサーリンク
幕張ベイ・ランニングクラブ