喧嘩腰で走り出したのにやたらと謙虚になって帰ってくる【サブ4を取り戻す鈴木のブログ】

スポンサーリンク

仕事やらプライベートでイライラがつのると、「今日はキロ4分半ペースで20km走ってやるよ!」と喧嘩腰で走り出す。

走り始めて最初の3〜4kmくらいは思い通りのペースで進む。「どうだ、俺が正しい。俺のいっていることのわからない周りが悪い。」もっと速くもっと長く走れる。

でも6km以降あたりからだんだんキツくなってくる。
ペースを30秒だけ落とそう。ちょっとオーバーペースだった。20kmじゃなくて15kmにしよう。

8kmあたりでさらに雲行きが怪しくなる。
脚が重い。呼吸も苦しい。早くお家に帰りたい。10kmで充分がんばったよ、うんがんばった。
僕なんてこんなもんです。まだまだ実力が足りないんです。
なんかごめんなさい。

頭の中だけ動かしていると無限に動けそうな錯覚を覚えるけれど、肉体は限界を教えてくれてまた謙虚な気持ちに戻れる。

7/19 5km 26:06 5km 27:19

7/22 2km 10:46

7/24 5km 25:03

7/26 10km 53:17

7/30 2km 10:12

この記事を書いた人
鈴木和孝

幕張ベイ・ランニングクラブ主宰。
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました