自己満足大事【サブ4を取り戻す鈴木のブログ】‬

スポンサーリンク

1/5 20km 1:40:22

茜浜まで往復ランニング。
15km過ぎで給水休憩とった後から右肩痛が出て失速。
補給食無しでも20kmをキロ5分ペースで走れるようになりたい。
朝食無しだと走って1時間20分過ぎるとガス欠する。

Oさんのブログを読んで自分のランニングも自己満足だと強く共感。

「自己満」というと独りよがりでネガティブな印象も受ける。
でも、まわりの皆んなが全員同意しつつ、自分も満足している状態というのはスポーツでいえばオリンピックの金メダリストくらいかもしれない。
でも、スポーツに興味が無い人であれば金メダルも羨ましくないのかもしれない。

皆んながイイネ!と認めてくれるから満足しているのは、もしかしたら「他者満」のことがあるから、自分が本当にがそれを好きでやっているのか自分に確かめてみるといい。

たくさんのイイネをもらいたいわけでもなく、まわりと比べて優越感が得られるからでもなく、そこそこ適正あって世界一になれるわけではないけど、自分はこれが好きで続けている。

他者に認められるから自分に自信が持てて満足するという気持ちもわかる。
でも、顔も知らない会ったこともない他者に認められるよりも自分自身が満足していることが大事で、自分の身近にいる好きな数人に認めてもらって共感してもらえれば充分だ。

どのくらいのスピードで、タイムで、何キロ走ったのか、だけでランニングを表現するのも面白いけれど、あなたは何でそのタイムで走りたいと思ったのか、どんな景色がみえたのか、誰と出会ったのか、走り終わった後に自分の何が変わったのかという自己満足話を、僕は聞きたいです。

この記事を書いた人
鈴木和孝

幕張ベイ・ランニングクラブ主宰。
日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー。鍼灸師。
皆様にスポーツ医学や解剖学を元とした情報をお伝えするよう努めています。

鈴木和孝をフォローする
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
タイトルとURLをコピーしました